Youtubeのオススメに突如出現し知ったアーティストの一人「ずっと真夜中でいいのに。」

ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』MV

6月4日、突如として現れた超新星。初投稿ながら、曲とMVの完成度の高さから、またたく間に浸透した。

 初めて見た時は10万再生くらいだったが、現在100万再生を突破している。投稿から1ヶ月たたないうちにミリオン超え、とんでもない。

追記
いつのまにか200万再生突破してました。すごい、おめでとうございます。
さらに追記
300万再生突破してました。一ヶ月ちょいで破格の数字。
またまた追記
400万突破。留まらない。

 第一印象なのだけど、まず曲名がどちらか一瞬わからなかった。

「神様、僕は気づいてしまった」しかり、バンド名なのか、曲名なのかのラインを曖昧にしてるアーティストがちょっとずつ増えてる気がする。こうしたちょっとしたハテナが浮かぶのも狙い通りであろう。まんまと撃ち抜かれたわけである。鋭い。

素直にメロディと声が良いなと思ったと同時に、時代を感じる編曲をしているなと思いました。

 ニューカマーである「ずっと真夜中でいいのに。」略して「ずとまよ」。しかし、そこはかとなく香る玄人感。

 初投稿でもってして、なぜこんなに安定感があるのか?

アニメーション制作・編曲担当が玄人 

編曲・アレンジメントは「ぬゆり」さん

 曲の完成度に大きく関わるのは、編曲・アレンジメント。

 それを担当しているのが、「ぬゆり」さん

 ぬゆりさんといえば、ボーカロイドPとして有名で、数々のヒット作を産んでいます。ハウスな曲も多く「ノリやすい曲」が特徴的。体が勝手に動くダンサブルな曲。また特徴として、ベースの主張が結構強め。(※個人的感想)

彼も歌を歌っており、自身の作品をセルフカバーしたりしてます。

冒頭のアレンジは本人だからこそ出来る芸当。単なる歌ってみたとはまた一線を画する。

※アレンジメント担当は明言されていましたが、マスタリングはまた別かもしれません。

MVのアニメーション担当は「Waboku」さん

人気のイラストレーター兼アニメーター「Waboku」さん。

人気を博しているEveくんのMVでもお馴染みのWabokuさんが「秒針を噛む」のMVを製作。

 これは個人の感想ですが、Wabokuさんの絵は少年心をくすぐる色使いをしていて、そこが好きです。

 絵と絵の転換にドロっとした表現が多く、何度も見たくなるアニメーション。飽きがこない。女の子のニンマリした表情などがとても良い。

 女の子のダンスが天使如くかわいいMV。アンゴラ村長はこの動きを参考にしたんではないのだろうか。(暴論)

 作品を創る際の裏側を、こうして公開してくれるのはとても嬉しい。

 創作は、試行錯誤の上できるもので、見えない部分にもたくさんの部品が落ちている。作者自らがSNSなどで見せてくれるのはどうしたってワクワクしてしまう。

WabokuさんのTumblr
Waboku The second

【次ページ】作詞作曲・演奏は誰が?

SPONSORED LINK