Youtubeのオススメに突如出現し知ったアーティストの一人「ずっと真夜中でいいのに。」

ずっと真夜中でいいのに。『秒針を噛む』MV

6月4日、突如として現れた超新星。初投稿ながら、曲とMVの完成度にまたたく間に浸透した。

 初めて見た時は10万再生くらいだったが、現在100万再生を突破している。投稿から1ヶ月たたないうちにミリオン超え、とんでもない。

追記
いつのまにか200万再生突破してました。すごい、おめでとうございます。
さらに追記
300万再生突破してました。一ヶ月ちょいで破格の数字。

 第一印象なのだけど、まず曲名がどちらか一瞬わからなかった。

「神様、僕は気づいてしまった」しかり、バンド名なのか、曲名なのかのラインを曖昧にしてるアーティストがちょっとずつ増えてる気がする。こうしたちょっとしたハテナが浮かぶのも狙い通りであろう。まんまと撃ち抜かれたわけである。鋭い。

素直にメロディと声が良いなと思ったと同時に、時代を感じる編曲をしているなと思いました。

 ニューカマーである「ずっと真夜中でいいのに。」略して「ずとまよ」。しかし、そこはかとなく香る玄人感。

初投稿でもってして、なぜこんなに安定感があるのか?

アニメーション制作・編曲担当が玄人 

編曲・アレンジメントは「ぬゆり」さん

 曲の完成度に大きく関わるのは、編曲・アレンジメント。

 それを担当しているのが、「ぬゆり」さん

 ぬゆりさんといえば、ボーカロイドPとして有名で、数々のヒット作を産んでいます。ハウスな曲も多く「ノリやすい曲」が特徴的。体が勝手に動くダンサブルな曲。また特徴として、ベースの主張が結構強め(個人的感想)

彼も歌を歌っており、自身の作品をセルフカバーしたりしてます。

冒頭のアレンジは本人だからこそ出来る芸当。単なる歌ってみたとはまた一線を画する。

※アレンジメント担当は明言されていましたが、マスタリングはまた別かもしれません。

MVのアニメーション担当は「Waboku」さん

人気のイラストレーター兼アニメーター「Waboku」さん。

人気を博しているEveくんのMVでもお馴染みの彼が「秒針を噛む」のMVを製作。

 これは個人の感想ですが、Wabokuさんの絵は少年心をくすぐる色使いをしていて、そこが好き。

 絵と絵の転換にドロっとした表現が多く、何度も見たくなるアニメーション。飽きがこない。女の子のニンマリした表情などがとても好きです。

 女の子のダンスが天使如くかわいいMV。アンゴラ村長はこの動きを参考にしたんではないのだろうか。(暴論)

 作品を創る際の裏側を、こうして公開してくれるのはとても嬉しい。創作は、試行錯誤の上できるもので、見えない部分にもたくさんの部品が落ちている。作者自らがSNSなどで見せてくれるのはどうしたってワクワクしてしまう。

作詞・作曲は「ACAね」さん

 肝心の作詞作曲ですが、そちらはボーカルであるACAねさん(あかねさん)が担当。声、メロディ、歌詞、どれも素晴らしい。

作曲の一部に「ぬゆりさん」も関わっているとのことですが、曲の骨組みはACAねさんによって作られています。

灰に潜り 秒針を噛み 白昼夢の中でガンガン砕いた
でも壊れない 止まってくれない 本当を知らないまま 進むのさ

 Bメロのこのフレーズが詩的かつポップでいて、すっと耳に残る。そしてそこからの(良い意味で)独特なサビの8章節。ワンコーラス聴けば、たちまち快楽に浸れる。

 MVでは溶け込みすぎて、気づきにくかったんですが、めちゃくちゃハイトーン。弾き語りで気づくACAねさんの声の高さ。女性でもカバーするの結構難しいんじゃないかなこれは..

 高い声を無理に出すと、魅力が損なわれたりしますが、ACAねさんの場合は高くも適正で、魅力がある。ムリして出してる声じゃないのがこれまた素敵。

 私事ですが、先日ちょうど「恋は雨上がりのように」をみたところです。神聖かまってちゃんの「の子」氏の楽曲バッチリでした。

 ぬゆりさんの曲のカバー。ぬゆり×ACAね。彼の曲と彼女の声の相性がとても良い。

クリエイター×クリエイター=

 ボカロクリエイター「ぬゆり」さん、アニメーター「Waboku」さんが曲と映像に深く関わる。

 ACAねさんの生み出した耳に残る美しいメロディと曲展開を、彼らがキレイにまとめあげています。こうした音楽が好きな人はバッチリはまる曲に仕上がった。最近で言うと、Eveさんや、バルーンさんなどの音楽が好きな人が聴いて広がっている印象。

 WabokuさんはアニメーションでEveさんとも親交が深いので、ここにも仄かにゆかりがある。

ドラム・ベースはプロのミュージシャン

 声優の鈴木このみさん、日笠陽子さん、三森すずこさん、雨宮天さんのレコーディングに参加するガチガチのベーシストの方。

 ほかにも西野カナなど、名だたるアーティストにベースで参加。「秒針を噛む」縁の下の力持ちのベースはこの方が担っています。

 ドラムの北村さんもプロのドラマーです。三森すずこさん、YUI、天野月の数曲にドラムで参加。

「秒針を噛む」の楽器隊の安定感はこの方々から成り立ってます。

今後のメンバーはどうなるのか?

「秒針を噛む」に関わった界隈の「参加しました」「お手伝いしました」という書き方からするに、「ずっと真夜中でいいのに。」は固定されたメンバーでない様子。ACAねさん以外は、未定なのでしょうか。

 正規メンバーとしてどれだけの人が参画しているのか現時点では定かではないので、これからどういう形態で活動するのか興味がそそられます。



結びに

 口コミの速度も尋常じゃなく、聴いた人ほとんどが呟いてる印象。ツイッターでも3分に1回の割合で「ずっと真夜中でいいのに。」「秒針を噛む」と、つぶやかれてる。しかもどれもかれもが好感の高いツイート。ツイートの数が多いにも関わらず、称賛の嵐。素直にすごい。

 冒頭に書きましたが、「秒針を噛む」はとても時代感のある曲。

 米津玄師や、ヒトリエの影響あってか、ボカロ文化の音楽がどんどん普及してるので、その客層を思いっきりついた音楽だなと思いました。

 初投稿でここまで伸びたので次の作品のハードルがあがってそうですが、これからも期待大です。純粋に声とメロディが良いので、より魅力的な世界を作ってくれると楽しみにしています。

ではまた。

hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽の事など好きなことを呟いてます。
お気軽にフォローどうぞ。
@zakkibaran