理解理解とうるさく、ややこしいタイトル。哲学して満足してるようなタイトル。

 生きていく上で、避けられない人との関係。そんな人間関係で、「中々話通じないな」「なにいってるんだ」「理解しあえない..」と感じることはありますか。
 自分はあります。よくあります。

 数年前に悩んだ末、出た結論は、「そりゃそうじゃ」でした。オーキド博士を思い出した方はありがとうございます。

 「あいつなに考えてるかわかんねぇ」「なんでわかってくれないんだ」の悩みを少しでも小さくできれば嬉しいです。

理解はされない、できない

 話をしていて、「なんだか価値観が違うな」や、「この人わかってるなぁ」となる状況があると思います。

 前提として、人と人は完全な相互理解はありえません。

 人間多種多様で、100人いれば100通りの思考があるわけです。脳科学的にも完全に同じ脳はないとされていて、実際「この人の考えてる事全てが分かる、解るぜ..!」と滾ることはないです。あなたがミュウツーかなにかのエスパータイプでない限り、どこかしら理解できない点があります。

「話せばわかる」と言って、無残にも散っていく人達。話せばわかるなら、戦争なんて起こらないんですよ。

エスパーでもない限り、100%は解らない

 神様や超能力者がもしいたなら、人達の会話を見て、「うわーこいつら言ってること同じだけど思ってる事違うわ〜」「いつまでその話してるんだよ 終わらないぞ」とあざ笑ってるかもしれせん。人間界に降りてきてちょっとアドバイスくれてもいいのに。神はイケズ。

無理だからといって、理解されない事を投げ出さない

 「理解されない」「理解できない」と割り切ってしまえば、人と関わるのは随分楽になります。ですが、それでも「理解しようとする姿勢」を忘れないこと。

「わからないんだから、わかろうとしなくていい」となる人もいますが、それでは距離は埋まりません。

 自分のわかる範囲で「理解」をしてほしいのです。100%解らないんであれば、50%。10%でもいい。「理解しよう」の気持ちを持てるかどうかが、人間関係の鍵となります。勝負事なら、相手の状況を考えて、相手の動き方が見える。ビジネスならお客さんのことを考えないと商品は売れない。

 100%は無理でも、数%はわかります。ここを投げ出さなければ、なんとかなります。(なげやり)

 知見が増えれば増えるほど、理解は深まるので、つまづいたときは、なにかを「学ぶ」とよいです。本を読む、映画を見る、漫画を読む、なんでもいいです。知識に触れてみてください。

ただし、意見はしよう

 散々「理解できないからしょうがない」と言ってきました。ですが、相手の考えている事と、自分の意見とあまりにも違う場合は、多少口論してもいいです。

 稚拙な例えですが、「毒をばらまきたい」とか「未成年にお酒を飲ましたい」だとか。さすがに止めましょう。自由は尊重すべきですが、「人に迷惑をかける行為」はなるべく避けたいところ。反論した上で、「それでもしたい」と言われたらお手上げ。

「相手にとってのそれが正解だった」だけの話で、自分の正解と相容れなかっただけ。「正解」は人の数だけあるので、難しい。何かを否定することは、誰かを否定することです。




むすびに

 理解されるためには、「お互いが100%分かち合えない」ことを理解する必要があります。

 どんなに気の合う友人でも、心の底まで見えるのかと言われれば、答えはノーかと思います。イエスとはっきり答えられる方は、確実にエスパーの類いなので是非メッセージをください。いろんな人の心を知りたいです。と思ったけど、やっぱり怖いし、つまらなくなりそうなのでいいです。見えないほうがいいこともたくさんあります。

 具体的な解決にはなっていないかもしれませんが、頭の片隅に気休め程度に置いていただけると幸いです。

ではまた。

「ノリがいい」と「ノリが軽い」の違いって一体なんだ?

2018.03.02

交友関係が続かない・出来ない人へ【解決策】

2018.02.04
hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽の事など呟いてます。
始めたばかりなのでお気軽にフォローどうぞ。
@zakkibaran