宇宙コンビニは最高にプログレでポップなバンド【マスロックに革命を】




 宇宙コンビニというバンドをご存知でしょうか。
 既に解散してしまったバンド(2015年3月)ですが、大好きなので紹介します。

こんなにいいバンドを知らないのはもったいないです。

 今までありそうでなかったマスロックとポップをこれでもかと上手く融合させたバンド。

補足
AppleMusicは、ページ内で読みながら聴けますのでお気軽に

とりあえず数秒でいいので聴いてみて

biography

2012年1月結成、京都発3ピース ”プログレッシブ ポップ” バンド。
様々なジャンルを通過した音楽性から個々の解釈でポップに消化し、独自の世界観を産み出す。
Gt.だいじろーとDr.なずおによるテクニカルなインストゥルメンタル、
そこにふわっと薫るように存在するVo./B.えみちょこの透き通った歌声。
平均年齢20~21才とは思えない驚きの才能が、音楽シーンに登場する。
公式ページより

バンド名の由来

 「宇宙のように壮大で、コンビニのように身近に寄り添う」という意味合いが込められています。
その名の通り、あまり浸透していないジャンルながらとても馴染みやすいです。

聞きなれないジャンル「プログレッシプポップ」

 これは「マスロック」+「ポップ」という意味。
マスロックと聴くと日本で有名なのは「toe」や「the cabs」あたりですかね。

 変拍子が多く、楽器隊がとても複雑に噛み合うジャンルがマスロック。
 ないがしろにするわけではないですが、メロディがあまりポップにならないのがマスロックの特徴です。

 ですが、宇宙コンビニはそこを共存しました。

 これだけマスロックしてるのに、メロディがとてもポップ。

 自分の中で革命が起きました。革命が起こった人は多いのではないでしょうか。

手を伸ばせばそこにいるような身近な宇宙

キーパーソン だいじろー氏

 聴けば分かるので、わざわざ書くことでもないのですが、彼とんでもなくギターが上手いです。
ソロギターの1人で演奏するライブにも行ったことあるのですが、べらぼうに上手かったです。

 ソロギターで表現できる彼が、バンドにいます。百人力です。
宇宙コンビニはスリーピースですが、手数がスリーピースのそれではない。

 「1人で何人分の音出すんだ」と初めは思いました。
(凛として時雨のTKしかり、Pepleの波多野裕文しかり、マスロック界のスリーピースのギターはみんなおかしい)

 ほぼ全ての楽曲の作詞作曲を彼が担当。
Twitterでも度々リフを上げています。いつも頭のおかしいツイートばかりしてるので必見です。

えみちょこさんのボーカルの美しさ

 ベースボーカルえみちょこさん。

 ベースはもちろんですが、彼女の最大の魅力はその歌声。
引き込まれる美しさと、何も壊さない優しさのある透き通る器用で繊細さ。
大人びた落ち着きある声、憂いある掠れた歌声。少年のような無邪気さを含んだ歌声。
色々な表現できる素晴らしいボーカルだと感じました。

 個人の好みですが、この数年で一番好きな女性ボーカルでした。
もう彼女の歌を聴けないというのが、とてもさびしいです。

「tobira」という曲では、えみちょこさんの作詞も見れます。
ノスタルジックで少し悲観的。

余談
PVだと映りが少し悪いなと思ってしまってたんですが、実際にみるとPVの数倍かわいいです。

ジャケットやアーティスト写真の美しいデザインは誰が?

 彼らの魅力を引き立てるデザイン。聞いてみると専属のデザイナーさんがいるとのことでした。
 いさみゅさんという方。「まじ娘」などのデザインも担当してる方ですね。

いさみゅさんのTwitterはこちら
ISAMYU

むすびに


 素晴らしい音楽を与えてくれた宇宙コンビニでしたが、二枚目のEPリリースが最後になってしまいました。

 彼らのデビューから、解散までをこの目で見ることが出来たのは本当に幸せでした。
宇宙コンビニの音楽をライブで聴けたこと、彼らに出会えたことは幸運でしかありません。
最初から最後までを見れたバンドは、本当に少ないので感慨深いです。

 「Everything Changes」ラストライブの映像で記事を締めます。

 「全ては変わる→変わらないものはない」 彼らのことのようで、皮肉なようでなんともまぁ。

 ギターのだいじろーくんは新しいプロジェクト「JYOCHO」もしています。

 こちらも是非。

それではまた。

Twitterのほうで更新など呟いてます。
始めたばかりなので、お気軽にフォローお願いします。
ひとと@zakkibaran