「ノリがいい」と「ノリが軽い」の違いって一体なんだ?




ノリが「軽い」人とは、あまり一緒にいたくない。いたくないというか、言葉が入ってこない。
けど不思議なもので、ノリが「いい」人とは一緒にいて心地がよい。

「軽い」「いい」
とてもよく似ているようで、これらは似て非なるもの。なぜかいっしょくたに扱われがちなこの二つ。
自分なりにこの二つの違いを分解して、解釈して、言語化しておこうと思います。

違い

ノリの「いい」人とは

まずノリのいい人とは、どんな人か。これは相手の言っている事を「理解している人」を指す。

もしくは「理解しようとしている人」。話を聞いて、言葉を一旦頭にいれる。その上で、自分なりの反応をする人はノリがいい。
これはなにも、「特別テンポのいい会話」だけを指すものじゃない。「マシンガントークができる」=「ノリがいい」では、決してない。

誰しもが芸人さん並のテンポで話すわけじゃない。

ゆったりとしたテンポでも、ノリのいい人はたくさんいる。
レスポンスが遅い人に対して「なんだよノリがわるいな〜」と言う人がいるけど、あれはとても失礼。

本当に大事なのは、反応の速度じゃなく「話す内容」だ。

反応が遅いというだけで、相手を咎めるのは、ただの押しつけ行為でしかない。そういった人は「自分が求めていること以外をされると機嫌が悪くなる」ことが多いので関わり方が難しかったりする。

ノリの「軽い」人とは


あくまでイメージ図

では、ノリの軽い人とは何か。「相手の話を聞いてない人」が真っ先に該当する。相槌だけは優秀で、「うんうん」「わかるわかる」と言っているのだけど、頭に入っておらず、そのまま聞いた耳から反対の耳に言葉が抜けている人

それに加えて「レスポンスが異常に早い人」は軽さが見える。

食い気味で反応したり、「言葉が頭で整理されてない状態」で反応をしてしまうと、言葉が軽くなる。
もちろん頭の回転が本当に追いついている人なら問題ないだが、大多数の人は「追いついてない」。

レスポンスがやけに早く、数分前に話した事を忘れてる人は話を聞いてない。

一時期(今も?)、大学生を揶揄する言葉として使われていた「うぇーい」はそのまさしく筆頭だ。何も考えずに、何を言われても「うぇーい」。うぇいうぇい。これで会話をしているのを見ると、なんとも言えない気持ちになる。うぇーい。

よくネタ扱いされているけど、「うぇーい」が反応の8割な人間は実在する。ネット民の作った幻想なんかじゃない。「ノリが軽い」の代表格。

レスポンスが異常に早く、しかも反応がズレすぎている人。会話を放棄している人。それらは紛うことなく軽い人。本人にその気がなくとも、周りの目は案外冷たい。一度張られたレッテルは中々剥がせない。

自分が言ったことを次の日には忘れてるなんて人も、少し注意が必要かもしれない。

「ノリの軽い」人の言葉を鵜呑みにしていると、かなり振り回されることになる。「この人軽すぎだ てきとうだ」と思うことが何度もあるなら、離れるべし。

まとめ

  • 相手の言葉に対して、敬意のある反応が出来る人→「ノリのよさ」
  • 相手が言っていることを聞かずに反応する→「ノリが軽い」
  • 「話のテンポが良い」が必ずしも良いとは限らない
  • ゆっくりでもノリのよい人はいる
結びに

「軽さ」が場合によっては色んなものを救うことがあるので、どちらがいいとは一概に言えないけど、「軽すぎる」と、人からあまり信頼がありません。適度な軽さと重さを上手くハイブリッドに過ごすのが、最良かなと思います。かといって重すぎてもダメ。

線引が本当に難しい。会話をする際は、自分主体「すぎない」こと。誰しも自分語りはすきですし楽しいです。けど、人の話は聴いてあげて下さい。殴り合いみたいな会話するならTwitterのタイムラインで独り言を呟いていればいいです。

「この人話聞いてないな」と一度思われると、取り戻すのは至難の業。気をつけないと「おじゃん」です。

それではまた。


Twitterのほうで更新など呟いてます。
始めたばかりです。お気軽にフォローください。
ひとと@zakkibaran

SPONSORED LINK