People In The Box 初級編 [オススメの最初の4曲]




オススメしにくいバンド。

 もどかしいバンドがいる。とても好きなのだけどどこか、もどかしいバンドがいる。
「People In The Box」である。

このバンドを既に聴いた事があり、好みであるという人なら説明する必要がないのだけど、このバンドは人にオススメがしにくい。

楽曲が特別とっつきにくいわけではない。けれど本当に勧めにくい。
「本当はめちゃくちゃいいんだよこのバンド..!」と声を大にして叫びたい所ではあるのに、言えない。

「People In The Box」を好きな人なら分かってくれると勝手に思いながらこれを書いている。類い稀なオススメしにくさを持つこのバンドだけど、それでもやっぱり色んな人に聴いて欲しいという思いがあるので、今回は、比較的聴きやすい曲を選んで紹介する。

これを読んで聴いて、「あ、いいじゃん」となってPeopleのたくさんの曲がたくさんの人の耳に届くと幸い。

はじまりの国


 軽く歪んだクリーントーンのイントロが癖になる。この曲ぱっと聴くと普通な曲にも聴こえるが、曲のキー展開がなかなかに自由で音の取り方が彼ららしい曲。曲のキー展開が自由なのはどの曲もそうかもしれない。Peopleの曲はジャンルの法則とかそういったものが通用しない。

完璧な庭


 リズムが面白い曲、言わずもがな歌詞が簡単そうで難解。2番終わりの展開部分などPeopleの魅力が詰まったフレーズだと思う。余談だが、People In The Boxのアルバムはどれもコンセプトアルバムとなっており、アルバム毎に色があるので気になったらアルバムを通して聴いてみるといいかもしれない。ちなみに筆者の好きなアルバムは「Weather Report」と「Ghost Apple」。

ニムロッド


 少し攻めてみるが、上二曲を聴いて、ここまで読んでいる人なら大丈夫だと信頼してこの曲を推す。PVも面白い物が多い。この空気感がPeople In The Boxの魅力である。

月曜日/無菌室


ただ美しい。短編小説をひとつ読み終えたような、そんな妙な満足感に狩られる曲。歌詞の意味はわかりそうでやはりわかりにくい。答えは作詞の波多野さんのみぞ知る。

結びに

 冒頭にも書いたとおり、People In The Boxは人に勧めにくい。自分で音楽を探して聴ける人じゃないと中々好きになれない気がする。キャッチーな曲があるわけでもなければ、これなら間違いないなという曲も存在しない。代表曲はいくつかあれど、10人好きな人がいれば 10人がそれぞれ別の曲を推す。そんな魔力がある。満場一致で、「この曲を抑えれば問題ない」といえる曲が存在しない。

いろいろな曲にPeople In The BoxがPeople In The Boxたらしめる要素が散らばっており、ファンはその欠片を押さえて、聴いて好きだなぁとなる。

Peopleの魅力は言葉で表すのが本当に難しい。音楽性・芸術性の高さ故か、言葉で描写することがおこがましいとさえ思う。

どこかでPeopleを知ってPeopleを好きな人が存在して、誰かが強要するでもなく、偶然その事を知って、Peopleファンが言葉を交わす事が理想的だと勝手に思っている。

それは自然現象のようなもので、『海辺に吹く風が好き』だとか、『冬の空気が好き』『夏の匂いが好き』だとかそういった潜在的に好きという現象に近い。

この記事を見てPeopleを知るきっかけになればもちろん、より好きになるきっかけとなれば筆者は嬉しい限り。

それではまた。