清竜人は、中々家に帰ってこない。彼ほど自由奔放に音楽をしている人間を、僕は知らない。

 彼には独り歩きしてるイメージがある。

「アイドルと踊ってる変態」これだ。

変態であることは間違ってない。彼はエキセントリックな変態。

しかし彼には、シンガーソングライター(SSW)であるという紛れもない事実がある。あらゆる点において彼はアーティスト。

デビューからその変化っぷりを追っていこうと思う。

才能人

天才肌(在宅)

デビュー当時、彼はまさしく「天才SSW」として扱われていた。自分もそう思った。

「ジョン・L・フライの嘘」のMVを観た時なんて、「これが天才か..」などとNARUTOの常套句みたいな台詞を吐きながら、テレビの前で立ち尽くした。(座ってた。座り尽くした。)

取り憑かれたようにピアノを弾く金髪のミディアムヘアーの青年。陳腐な表現だが、天才だと思わされた。常人とは違う何かを感じさせた。

 今も彼の中で1.2を争うくらいにこの曲が好き。

まだ家にいたころの楽曲のタイプ

彼の有名曲に、「痛いよ」がある。

浮気された男の心情を唄うもので、歌詞も楽曲も静かにパワフル。


これらを聴けばわかるように、彼は正統派シンガーソングライター。

だったのだ。本当に。

清竜人、迷子になる(家出)

正統派シンガーソングライターとしてデビューした彼、家を出る。

しばらくすると彼は迷子になってしまう。

どこで迷ったのか

段々SSWという枠から離れていった清竜人だが、機転となった問題作は、完全に4thアルバム「MUSIC」だろう。

このアルバムから清竜人は、急にミュージカルをやりはじめた。

わけがわからなかった。

シンガーソングライターが急にミュージカルやるって聞いたことある? 少なくとも自分はない。

作品毎に色があり、毛色は違ってたものの、前作までのアルバムは少なくとも「ミュージカル」じゃなかった。

しかも、この「MUSIC」は打ち込みで、音の数が以前にも増してめちゃくちゃ多い。急すぎる変化に驚き、もはや笑った。
(今思うと3rdアルバム「PEOPLE」で若干その片鱗はあった。)

夏休みを明けて、化粧を覚えてケバくなってしまった好きな子をみるとか、高校デビューした根暗だとか、そんなのよりよっぽど衝撃だった。

変化の暴力ですよ。

清竜人、一時帰宅する(在宅)

彼は迷子から抜け出して、なんとか自宅に帰ってきた。

6thアルバム「WORK」にて清竜人は帰ってきた。本当に帰ってきたと思った。我が子のように。

グレた息子が改心した時の親のような心さえ持たせてくれた。ありがとうありがとう。

さらに、前作の打ち込み音並の数を生音で!? ありがとうありがとう。

…..

しかし帰ってきたのは、服を取りに来ただけだった。

必要な物をカバンに詰め込み、彼は颯爽と家を飛び出す。

清竜人、また家を出る(再び家出)

清竜人25 始動

再び家を飛び出た清竜人は、

急に結婚した。

世間一般にある清竜人という単語のイメージがこれだ。

「アイドルと踊ってるにいちゃん」なのだ。

しかもめちゃくちゃ面白いんだこれが。

それはそれは、話題性に秀でていた。

「一夫多妻制アイドル」という全く新しいコンセプト。こんな面白いものメディアがほっとくわけない。

「6人の妻と夫清竜人」この構図に、頭がパンクするかと思った。

「新しすぎるだろ….なんだよこれ…」と頭を抱えながらも、脳裏に浮かんだのは、「やはり天才か」というちっぽけな感情だった。

楽曲はやっぱり魅力的。面白いし、格好いいし、かわいいという欲張りな状態。

ビジュアルの変遷

彼の特徴にそのビジュアルの変化がある。

デビュー当時初期

うんうん。

2ndアルバム「WORLD」リリース時

うんうん。かっこいい。

3rdアルバム「PEOPLE」リリース時

うん。

4thアルバム「MUSIC」リリース時

ん…?


あれ…?


ああぁぁああああああああああ

あゔぁあゔぁゔぁあああああああ

これぞアーティスト

清竜人は一転二転三転とする、転がりまくってるアーティスト。自由奔放すぎる。

ビジュアルの変化、楽曲の変化、そして生き方。アーティストという言葉が本当によく似合う。

ルックスの変化には驚いたが、彼が素晴らしい音楽を提供している事になんら変わりはない。

レーベルをたらいまわしにされたり、意味のわからないタイミングでベスト盤を出したり、不運な事が彼を襲うけど、清竜人という表現者の音楽が聴けることはとても幸福。彼の音楽はいつまでも素晴らしい。

ちなみに現在彼は「TOWN」で3度目の家出をしました。次の帰りはいつになるのか。

それではまた。

下のアルバムは清竜人の二つの名盤(家に居た頃のアルバム)。ミュージカルじゃないです。どれも音楽は面白いのですが、人にオススメするならこの二枚。

ではまた。

シューゲイザーと軽さの融合モンスター、羊文学【素敵バンド紹介】

2018.09.09
hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽の事など呟いてます。
始めたばかりなのでお気軽にフォローどうぞ。
@zakkibaran