日本のインテリアデザインの原則

に関して言えば、日本は世界で最もユニークで美しいデザインの1つです。その伝統的なスタイルは、一貫したテーマと目的を持つ他のスタイルとは異なります。長年にわたり、日本のインテリアデザインには、伝統的なデザインからモダンなスタイルのダッシュまで、さまざまなスタイルや機能が含まれてきました。しかし、変わらないことの1つは、その設計原則です。

見過ごされがちですが、ほとんどの日本のデザインは美学よりも利便性と目的を重視しています。日本のデザインは世界中で非常に影響力があり象徴的であるため、信じがたいかもしれません。 

スライドパネル、足の短いダイニングテーブル、シートクッションなど、ユニークで象徴的な機能がすぐに気付くでしょう。そのため、日本のインテリアをよりよく理解するために、Zakki Baranはすべてのデザイン原則を以下に要約しました。

柔軟性

日本のデザインに関しては、利便性と快適性が最優先事項です。良い例は彼らの部屋でしょう。和室は通常多機能で、利用可能なスペースを最大限に活用します。そのため、朝は布団を折りたたんで、他の用途に使うことができます。 

それらの内部レイアウトはしばしば柔軟であり、すべてを折りたたんだり、巻き込んだり、スライドさせたりすることができます。日本では、日中のさまざまな用途に合わせた再仕切り室の利便性が不可欠です。高度に都市化された社会では、スペースは貴重です。

プライバシー

日本の文化と社会はプライバシーを高く評価し、尊重しています。それは、紙のスクリーンを持っている障子のような伝統的な日本の特徴にさえリンクされています。これにより、光を取り入れることができますが、部屋の中は見えません。これにより、祈り、瞑想、睡眠などの特定の活動にプライバシーが提供されます。

天然素材

日本のデザインについて話すとき、最初に頭に浮かぶのは、、品質と天然素材であることがよくありうとます 伝統的であろうと現代的であろ。天然素材の使用は常に日本のデザインに融合しています。使用される天然素材は、多くの場合、竹、絹、稲わら、紙、上質な木材、大理石、粘土、石などです。加えて、屋内植物と屋外ガーデニングのヒントは、家により自然な感触をもたらします。

シンプルさ

日本のインテリアではスペースが非常に優先されているため、ほとんどの部屋は通常シンプルで、装飾のヒントで構成されていますが、ダイニングテーブル、ベッド、ランプ、椅子などの最も重要なアイテムが含まれています。 和風の装飾とデザインが施された客室は、多くの場合、清潔で、きちんとしていて、シンプルです。

ニュートラルカラーニュートラルカラー

日本の家庭はを使用して設計されることがよくあります。それが彼らの寝具、テーブルクロス、あるいは家具に使用される材料であるかどうか。これにより、家の中でより自然な感触が生まれ、シンプルさも叫びます。このスタイルを作成するために使用される材料は、ペイントやカラフルな壁紙の代わりに、竹、上質な木材、紙、稲わらです。

フォローする