Zakki Baran:日本のゲーム文化

Zakki Baran:日本のゲーム文化

世界で最も多作な娯楽の1つは、オンラインゲームをプレイすることです。これは、世界中で何千もの有名なゲームと高品質のグラフィックスの本拠地である日本が、学ぶのに非常に興味をそそる国であることを意味します。彼らは驚くほどでこれらのゲームを制作するだけでなく、これらのゲーム速い速度のバグと修正は、一般に公開される前にほとんど修正されています。

さらに、国自体には、促進するさまざまなコースがあり 、アニメーション固有のコースやゲーム開発の高度な技術分野を通じてこの業界をます。つまり、日本はすでに驚異的な量の有名で素晴らしいゲームを制作してきましたが、近い将来、さらに多くのゲームを制作することが期待できます。

日本で人気のあるゲームは数え切れないほどありますが、これまでに聞いてプレイしたことは間違いありません。

  1. スーパーマリオブラザーズ

スーパーマリオブラザーズは、任天堂が開発したゲームフランチャイズで、最初に公開されました。 1985年9月13日。世界のさまざまな国にまたがる日本市場以上のヒットとなり、創業から現在に至るまでさまざまなゲームのスピンオフがあります。

ゲームにはさまざまなレベルがあり、キノコ王国を旅して彼女を誘拐したクッパ王からトードスツール王女を救出するために住んでいた2人のマリオブラザーズのストーリーに沿っています。ゲームの各レベルでは、さまざまなモンスター、ステージ、パワーアップ、危険な環境が利用可能であり、世界中の何百万人もの人々を魅了する面白くて楽しいゲームになっています。

  1. ポケモン

すでにスピンオフがたくさんあるので誰もが知っている世界で最も多作なゲームの1つはポケモンです。 1996年2月27日に任天堂から日本で最初にリリースされました。最初のリリースでは、Pocket Monsters Red and Greenと呼ばれていましたが、最終的には誰もが愛するゲームの名前に変わりました。

さまざまな動物が集まる世界にいるロールプレイングゲームです。このゲームをユニークにする楽しいことの1つは、動物がさまざまな要素に基づいて独自の特性を持っていることです。動物を飼いならして収集するには、自分で理解する必要があります。さらに、収集するポケモンが増えるほど経験値が増え、他のトレーナーと競争することができます。

これに加えて、あなたが集めることができる珍しいポケモンがあります、そしてあなたはあなた自身でそれらを見つけなければなりません。最初はありそうもないように聞こえますが、それらを打ち負かすことは、ゲームの目標の1つです。

Follow Me