15年リスナーによるBUMP OF CHICKENの名盤3選【オススメ】




旅のようなアルバム達。

佐倉市出身、幼馴染4人組バンドBUMP OF CHICKEN。
この記事では、15年聴いているBUMPファンが独断と偏見で、アルバムを3つ紹介します。

これまでにリリースされたアルバムはベストを省き、8個。
その中でも僕が好きなアルバムを選びました。

BUMPは名盤揃い。選ぶのがおこがましいかとは思いますが、どうかお付き合い下さい。
BUMPファンもBUMPあまり知らないって人もどうぞ。

AppleMusicで試聴できます。聴きながらページが読めますので是非。

ユグドラシル

2004年リリースのアルバム。

周りのBUMP好きは、これを一番に挙げる人が多かったので、ファンの中でも人気なアルバム。

「asgard」から「オンリーロンリーグローリー」で夜が明ける幕開け。
「乗車権」「ギルド」で悩み吠えて、優しさに触れる「embrace」。深く沈んでいく「太陽」から、旅路を迷いながら進む「ロストマン」。

こんな風に一転二転とするこのアルバムの流れがとても良い。

「asgard」というインスト曲ではじまり「midgard」のインストで終わる。綺麗。
「同じドアをくぐれたら」や「ロストマン」は本当にいつ聴いても名曲。

COSMONAUT

2010年リリース。前作の「orbital period」から殆ど三年くらいの間隔でした。

音楽の宇宙旅行が楽しめるアルバムかなと思います。聴きやすいので初めての方にもオススメ。


MVを公式が公開してないのでTVスポット。「三ッ星カルテット」のイントロが聴ける

「三ッ星カルテット」「この曲を聴いてわくわくしない人いるの!?」とそんな風に思うくらいワクワクするアルバムの幕開けでした。そこからアルバム用にイントロが調整された「R.I.P」。ゴミ捨てがモチーフの応援歌「分別奮闘記」。

「魔法の料理」はNHKみんなの歌になりましたが、「分別奮闘記」もなったらいいなぁとか当時考えていました。藤くんはたびたび、「童謡がつくりたい」と言っていますね。

「beautiful glider」で最後の人を前に進めてこのアルバムは終わります。オフコ〜ス↑は笑う。

個人的なイメージですが、このアルバムは、「一つの惑星があってその中で輝く星達」というイメージがあります。一曲一曲の個性が強すぎず、よくまとまっているなと思っています。


ファミコンアレンジ「三ッ星カルテット」
可愛かったので紹介。

THE LIVING DEAD

2000年リリース。もう19年前。嘘だろう早すぎる。

かの有名な「K」や「グングニル」の収録されているアルバムです。

このアルバムはまさしく”冒険”という言葉がよく似合います。藤原基央お得意の、物語調の曲がたくさん詰まっていて、歌詞のストーリー性にワクワクします。「Opening」と「Ending」がこのアルバムの表紙と裏表紙ですね。

「Opening」で尋ねれながら始まるこのアルバム。
このアルバムが好きと言うと、渋い所と言われるんですが、BUMPファンにはこのアルバムが好きな方が沢山いると信じてます。いいアルバムだと思っています。アルバムとして本当に良い。あえて曲を挙げるなら「Ever Lasting Lie」とか本当いい曲。是非聴いて欲しい。良いしか言ってない。


ファミコンアレンジ風「リリィ」
これも可愛かったので紹介。

結びに

賛否両論あるかもしれませんが、意見があれば、それはどこかでゆっくり話せれば。

冒頭にも書きましたが、本当はどのアルバムにも感想や意見を書きたい。今回は3個選びましたが、どうせそのうち全部書きます。別記事でまた是非。

BUMPのアルバムは一つの旅みたいなもので、音楽の冒険や宇宙旅行です。すごく優しい付き添い人がいる旅。どこか現実感のある旅。そんな感覚。ベストアルバムを聴くのもいいですが、やはりオリジナルアルバムから聴くことをオススメします。

藤くんが「おれらのアルバムは全てベストだから」的な発言を昔していたので、ベスト盤がリリースされた時はめちゃくちゃツッコミを入れたのを覚えています。「Present from you」の時も。嬉しいような悲しいような感情でした。

それではまた。

Twitterのほうで更新など呟いてます。
お気軽にフォローお願いします。
ひとと@zakkibaran

15年超えリスナーが選ぶBUMP OF CHICKEN「静」の3曲【オススメ曲】

2018.02.06