台風24号が近づいていてる。段々風も強くなってる。

 夏も終わり、秋に突入し肌寒くなっている。そんなところに追い風に台風の強い風。どうも冷えてしまう。

 そんな今年の台風24号の名前には「チャーミー」が回ってきたらしい。

 チャーミー、日本にどストライク。なにしてんだチャーミー…

ネーミングがチャーミング

 今年の台風24号の「チャーミー」というチャーミングなネーミング。なんとなくNHKの犬っころを思い出した。フレーミー。ボトルコーヒーも思い出した。ブレンディー。

 馬鹿なことは置いといて、気になるのはネーミング。台風の名前には、かわいいものが多い。

 何度も間髪入れずにやってくる災害に、気分が滅入るので、台風の中でチャーミングな名前をピックアップしてみます。前半、今からあなたは無駄な時間を過ごします。後半は雑学含むので、ちょっと役に立ちます。

台風の「かわいい名前たち」と意味

ケーミー

・ケーミー(Gaemi)
命名国:韓国
由来:韓国語で「蟻(あり)」

プラピルーン

・プラピルーン(Prapiroon)
命名国:タイ
由来:雨の神 (仏教の水天など諸説あり)

プラピルーン。パ行の連続が気持ちいい。ルーンと終わるのが、るんるん気分。プラピル〜ン。

チャンミー

・チャンミー(Jangmi)
命名国:韓国
由来:薔薇(ばら)の意味

ん、チャンミー!?

とっくにネタになっていた。速い。フィリピン語で言うなら、マリクシ。(後述)

みな、行き着く先は似ている。チャンミースタンプかわいいので、どんどん使いたい。

イートゥー

・イートゥー(Yutu)
命名国:中国
由来:民話に登場する月の兎(うさぎ)より (よくある月の模様の話)

チャーミー

・チャーミー(Trami)
命名国:ベトナム
由来:バラ科の花

 ↑今回まわってきたのはこの子。

パブーク

・パブーク(Pabuk)
命名国:ラオス
由来:淡水魚の名前より (メコンオオナマズ)

 パブーク。破裂音から濁音。パからブ。

ハブネーク。

ミリネ

・ミリネ(Mirinae)
命名国:韓国
由来:天の川の意味

ミリネミリネ、みりあ。

【ゲームガチ勢】夢咲楓はもこう信者のエリート受講生?【ゲーム部プロジェクト】

2018.04.10

ハイタン

・ハイタン(Haitang)
命名国:中国
由来:中国の落葉樹 バラ科

「ハイタンタン」と呼ばせれば、新たな萌えキャラが作れそう。はいたんたそ。もうどこかに存在していそう。

気象庁のページ、虚無

 参考にさせてもらった気象庁のページ。そこにある、表の「意味」(一番右)の欄が、淡々としすぎて笑ってしまう。


「マリクシ」=「速い」

 これとか「速い」だけですからね。シンプルすぎません? 文字数なり何かしらの都合なのでしょうけど、説明不足が過ぎやしませんか。


 上にも書きましたが、今回の「チャーミー」は「バラ科の花の名前」が由来。命名国はベトナム。

 また、台風の名に、聞き馴染みない言葉が多いのは少しマイナーな言葉から選んでるから。(国にもよる)

 日本は「星座での命名」が多いのである程度親しみがあるけど、少しマイノリティな言葉の選出。命名に使われてるのは「うさぎ座」「かじき座」「とかげ座」「はと座」など。

このあたり、フォンやら、ウォンやら、ややこしかった。

「そもそも台風の名前ってどうやって決めてるの?」

 現在台風には140個の名前がストックされていて、それが順ぐりで回る仕組みになってます。言葉で荒げて言うなら、一度決めたものを使い回すスタイル。使い回しです、流用。

 災害に毎度わざわざ名前つけるほど、人類も穏やかじゃないことが伺える。

平成12年の台風第1号にカンボジアで「象」を意味する「ダムレイ」の名前が付けられ、以後、発生順にあらかじめ用意された140個の名前を順番に用いて、その後再び「ダムレイ」に戻ります。台風の年間発生数の平年値は25.6個ですので、おおむね5年間で台風の名前が一巡することになります。

 元々はアメリカが「あ、台風よ!この子の名前は何にしましょう..? 」と決めてくれてました。けど毎度毎度、我が子のように決めるわけもいかず、日本含め、色々な国が名前を提案することに。

 わけのわからない溝端会議をする必要がなくなるので、合理的。

 ただ、あまりにも被害が大きかった場合、その名前が使われなくなる制度があります。記録として留めるためと、その名前に特別性(固有名詞化)も持たせるため。

 遊戯王における禁止カード、ポケモンにおける「キノガッサのきのこのほうし」や「メガガルーラ」のようなものです。(全然違う) そもそもガッサもメガルも禁止でもないけど。

 「殿堂入り」「永久欠番」と識せば、ある意味、台風にとっては名誉。だけど、人類側からすれば、それは語り継ぐ必要のある重い記憶なわけです。

 人によってデリケートな話題なので、名前は載せませんが、気になる方こちらをどうぞ。

より詳しい台風の情報ページ
デジタル台風:台風の名前(アジア名)(別のサイトに飛びます)

むすびに


気象研究家の荒木さん 災害のときの対策なども書いてるのでチェックを

 今回は「チャーミー」の名前がまわってくる番で、それが日本に直撃。つぎにチャーミーが日本をまわるのは、何年も後になるし、ここまでの全国行脚はたぶん二度とない。

 災害として恐ろしいけど、そう考えるとちょっと切なくもなる。なんてことはなく、二度と来なくていいですチャーミー。

 みなさん、お気をつけて。

 ではまた。

hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽の事など好きな作品についてよく呟いてます
お気軽にフォローどうぞ


SPONSORED LINK