1年は12ヶ月。年末は12月。そんなの誰だって知ってる。エジソンは偉い人。そーんなのー常識。けど毎年9月を迎えると、「あー今年も半分か」の気分に浸る。

 冷静に考えれば12の半分は6。12月の半分は6月。
 6月が真ん中。でも6月の真ん中じゃない感はなんだろう。

6月「おれ全然真ん中とかじゃないんで。折り返すとか、半分とかやめてほしいっす。バリバリまだまだ現役なんで。ハーフはマヨネーズくらいでいいっす。福山雅治最高。うい。」

 そんな声がいつも聞こえる。尖ってそう。たしかに6月はフレッシュマン。若い。まだ青二才。友人の誕生日がちょくちょくあるくらいで、いつも大きなイベントが起こりにくい。それが6月。ジューンブライドも減ってきてる。いよいよ6月に未練がない。まわりの月に「あれ、6月いたの。笑」と言われてそう。ヤメロ、ヤメてくれ。それは心が痛い。

 学校なら4月に学校が始まる。春と呼ばれる甘酸っぱい季節は、4月からはじまる。新社会人も4月から始まる。辛く苦くも楽しい生活は4月から始まる。

 4月スタート換算だと、6月はやっぱりまだ若い。たった二ヶ月。まだきっとバブバブいってる。それが6月。歩けるのかも怪しい。生まれたての子鹿。4月はどっしりして、安定感があるのに、6月になると退化する。漢字の形の印象?バブバブ。

4月「6月は甘い。なんで6月名乗ってるのかわからない。」

 若いのか、イキってるのか、赤ちゃんなのか、子鹿なのか、もうよく分からない暦、6月。個人的に12ある月のなかで、もっとも得体の知れないもの。底の知れないバケモノが6月。イキってるとか、未練がないとか好きに揶揄してれば、いつか復讐される。6月の夜道には気をつけなきゃならない。怖い。

 今年、大阪桐蔭の優勝した甲子園。一夏が終わる。青春が終わる。ここが振り返り地点になって、また来年につながる。節目として機能してるのが夏の終わり、9月。

 暑い時期がおわり、過ごしやすい秋が来る。熱い夏と涼しい冬の対比。季節の折り目としても、堂々たる真ん中感。

9月「別に真ん中にこだわりはないけど、そこまでいわれるなら真ん中やってやってもいいよ。どうしてもっていうんなら。べつにこだわりはないけど。」

 この9月の圧倒的余裕、強者感。

 9月が真ん中な気分、わかりますか。もう9月が真ん中でよくないですか。どうですかユリウス・カエサル。どうですか。一緒にサラダにカロリーハーフマヨネーズかけながら暦作り直しませんか。



今日の1曲

「セプテンバーさん」

 「9月と言えば」を聞かれたら、真っ先に思いつく曲。邦ロック好きな人ならそうな気がする。明日は9月3日。セプテンバー3。

 学生時代によく聴いてたのも相まってか、とても懐かしい気持ちにさせてくれる青い夏な曲。いつになっても夏ってだけでキラキラしていたい。

上のは「青とメメメ」ライブ映像。野田洋次郎のフェードアウトの作り方、アウトロの止め方に思わずニヤリとする。

 ではまた。

「イライラするのは人に期待しすぎ?」【今日ばらん#6】

2018.08.16
hitoto

Twitterしてます お気軽にどうぞ
@zakkibaran