よく人と目があう。

 街は人でごった返してる。今はお盆で余計に人が多い。細い人も、大きい人も、小さい人も、外国人も、お相撲さんみたいな人も。ごっつあんです。

 そんなごちゃまぜ闇鍋の食材ひとつひとつに目をやる。するとどうだ、7割くらい目があう。男女問わず。

 ポケモンだったら、戦闘が始まってる。僕の場合、連戦になるので、ポケモンセンターに駆け込む姿は想像に易し。


 気の合う友人はいても、常に遊べる人がいるほど交友関係は広くない。むしろ友達は少ないほう。言ってて悲しくなるからこの件は迎え火で帰ってこなくて良い。できれば飛んでいってほしい。どっかに浮かんでいてくれ。


 そんなわけで、基本的にぶらぶらするときはひとりで歩いている。もちろんご飯だって一人で食べる。できれば人とご飯を一緒に食べたいのだけど、都合のよい友人は、タイミングよくそう転がってない。

…転がってない? いや、転がってる。たぶん、街を歩いている人たちの中に、僕と同じ状況の人がいるはずだ。

 もしかして目があう人たちは自分と同じ状況なんじゃないか? そうだよね。そんなわけないね。けど、そうであってくれと願うほど人と目があう。

 そしてふと思うわけです。「目があう人たちが友達だったらな」と。

 彼らが友達であったなら、その場でご飯に誘える。一緒にカラオケにいける。適当にお店をグルグルできる。一人で行きにくい場所に気軽に行ける。

 (異性の)知らない人に声をかけて誘えば、それはナンパになってしまう。ナンパが悪い事とは特別思わないけど、別にナンパがしたいわけじゃない。ならやっぱり目があう人全てが友達でないといけない。でないと、「街で会ったから」といって誘えない。友達である必要があるのだ。

 友達になってくれ。いきなり友達はきついなら、知り合いでもいい。そしたら、目が合うあなた達とご飯にいけるはずなんだ。ご飯は一人で食べるより、二人で食べたほうが大体美味しい。食卓は最高の会話の場所。なんなら、別に会話しなくてもいい。もう論理もなにも無茶苦茶。

 目があう人たちと友達になれるなら、もっと気軽にごはん屋さんに行ける。けど、それが強制になれば、街を歩く事に圧迫感や義務感が生まれてしまう。諸刃だな、ぐはぁ。

 目があったとき、「この人あいそうだな」と判別できるメガネでもあればいいのにな。なんだかふしだらに聴こえるかもしれないけど、男女問わず。ただ単に、気軽にご飯を食べたい。話を聞きたい。
 
 目があっただけで戦闘がはじまるポケモンの世界に、少しの疎ましさと結構な羨ましさがある。バトルはしたくないけども。



今日の1作(1曲)紹介

BUMP OF CHICKEN「望遠のマーチ」

音楽は2:03秒から(そこから再生するよう設定済です)  

メインは、「妖怪ウォッチワールドのPV」なのでSEとか入ってる。音が気になるなら、一番都合のいい音楽アプリでご購入を。
自分はiTunesで購入。

 BUMP、またしても配信限定シングル。中々円盤を出してくれない。斜陽だから仕方ないけど、現物もほしい。

 疾走感溢れる曲で、PATHFINDERを彷彿とさせる。朝に聴くと気分よく家を飛び出せる。または通勤通学にも合う。

 ライブDVDもでたばかりで、リンクさせてくるのがまた憎い。尖ったうたや暗い曲調はめっきり減ったけど、今のBUMPも結局すきなことには変わりない。そう思えるのは思い出補正もあるだろうけど、彼らが真摯に曲を作ってるからだと思う。月並な言葉だけど、そう思う。

 彼らともライブで目があれば友達になりたい。無茶な願いだな。

それではまた。

hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽・ゲームの事など好きなことを呟いてます
お気軽にフォローリプライしてくれると嬉しいです
@zakkibaran