…なわけがない。

「あんたはアイスクリームになったことがあるのか。」



 夏が本気を出してきた。熱帯地獄で、猛暑が続く。暑すぎて溶けてしまいそうだ。

 こうも暑い日が続くと、「地球のバカー!!」といつも心の中で叫ぶのだけど、ここまで地球を熱くしたのは紛れもない僕ら人であり、お門違いもいいところである。

「人間のバカー!!」がきっと正しい。文明社会を作った偉大さとこの暑さは比例してる。見事なもんだ。「バカー!!」と言うも、発達なくして今の社会はない。皮肉なもんだ。

 そういえば、昨日こんなツイートがバズっていた。

 暑さで、テレビ局の校閲の脳が働いてない。終末て。世紀末かと。ヒャッハーかと。



 自転車で職場まで向かう自分としては、この暑さは非常にキツイ。リュックサックを背負っているので、毎朝背中が汗でびしょ濡れになる。雨にでも打たれたのか? ジュラシックパーク帰りか?

 しかも自分のリュックサックはそれなりに重い。約2kg。より汗をかきやすい仕様となっております。なんでこんなに重いのかってくらい重い。

「荷物の多い人はバカ」と誰かが言ってたが、その理論だと僕は完全にバカである。せめて抵抗をするなら、物が多いのではなくて一つ一つの荷物が重いのだ。

 パソコンしかり本しかり。1単位ごとの質量が大きい。だけど削減できる物は確かにある。つまりやっぱり、理論上バカなのだ。バカボンなのだ。けど、これでいいのだ。日々のトレーニングだと思えばこれでいいのだ。


どうやら、2018年の今年リメイクするらしい。驚き。

 自転車は暑い。そんなこと言いながらも、満員電車に乗り込むのもそりゃキツイ。

 スーツ姿で毎日満員電車に乗り込んでるサラリーマンの人らにとって、この暑さは地獄だろうと思う。 彼らにとっては夏も冬も変わらず、毎日が地獄なのかもしれないけど。
冗談です。働くことは大変なことも多いけど、楽しいことだってある。

 ともあれ、この二択なら自転車で迎えるほうが幾分か幸せに思える。だが、それでも何度も言いたくなる。暑い、と。

 毎朝いう言葉は決まってる。「あー、暑い」出勤する人皆が皆、そう言う。もうわかりきってることなのに口にする。開口一番そればかり。

 口からデマカセとばかりに、暑い暑いと口にする。クーラーの効いた部屋に入るや否や暑い暑いの応酬。「もう分かった分かった」と言いながら自分も言う。暑い。暑いって言う方が暑いんだ。暑いって言うやつが松岡修造なんだ。「お米たべろ。」


暑(熱)さの極み、松岡修造

 とどのつまり、この暑さは服装に限らず、誰彼とわず厳しいのだ。毎日毎日、溶けてしまいそうだ。



 夏になると、よく「溶ける〜」と聞く。それを聞いて反射的に「アイスクリームの気持ちが分かる」と僕は思った。

「あついところで溶けていく時、きっとこんな気持ちなんだろうな」と。


「あー溶ける」
「今世紀も楽しかったなぁ」
「溶けてしまう、溶ける前に食べきって」
「あ、もうげんか・・」 シュー…


と、とけるー!!

何を言ってるのか。カルシファーか自分は。

…どう考えても分かるわけない。たまに、なったことのない物の気持ちに共感するが、そんなの全部憶測でしかない。

 生物ならまだしも、アイスクリームて。無機物ておま。

 周りに「◯◯の気持ちがわかる〜!」と言ってる人がいたら、「あんた、それになったことあんのか」と無下な質問を無垢に投げつけてあげてください。微妙な空気になったらごめんなさい。

 有機物だとうが、無機物だろうが、他人(もの)の気持ちは推測、憶測。

わかりっこない有意義な妄想は、とても楽しい。ムダな時間に思えるけど、ムダな時間があるからようやく楽しく過ごせる。一見ムダなものにも意味はあったりする。



 夏の満員電車しかり、電車での通学・通勤は、苦労が多い。肌気温の管理が難しい。

毎日ご苦労さまです。お疲れ様です。今日は水曜、中間日。一週間のナカビという事で、作業の振り返り地点の人も多いかと思います。毎日暑いけど、どうにか乗り切っていきましょう。わっしょい。

 アイスでも食べてリフレッシュしましょう。家に帰ったらアイスをかじります。愛すアイス。

今日の1作(曲)

イデアの少年/yukkedoluce

今日の曲紹介はゆっけさんの「イデアの少年」

 本日、ずっと頭の中に流れてた曲。アイスクリームも、夏もほとんど関係ないので謎。しいて言うなら、暑い暑いと心の叫んだので、I scream(あい、すくりーむ)。

…あるアニメ作品(小説)のネタです。知ってる方はご贔屓ください。

 「イデアの少年」は、ボーカロイドPであるyukkedoluce氏が自らセルフカバーしている。彼の楽曲は夏のような暑苦しさはなく、とてもやさしい。夏のあつさというより、こたつみたいなものです。

 アイスクリーム関連の曲で思い出の曲も紹介。

 アクモン(アークティック・モンキーズ)の全力パクリバンド(褒め言葉)、 The Mirraz。アイスクリームと言えばで思い出した、懐かしの一曲。

「溶けてなくなりたい」と連呼するのは耳にこびりついてる。切ない歌詞が結構ぐっと来るんですよこれ。

 ではまた。

hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽の事など好きなことを呟いてます。
お気軽にフォローどうぞ。
@zakkibaran