「上手い」は代替がきく 「好き」は代わりがない



 先日、久しぶりに大学の先輩と会う機会があった。大学時代はサークルも同じだったこともあり、学校でよく会っていたけどプライベートで会うことはほとんどなく、本当に久しぶりの再会。

 その先輩はとにかく魅力のある絵を描く人だった。

 本人は「お金をもらうレベルのものじゃない」と言っていたけど、自分はあのポストカードにお金を払いたいレベルだった。まちがいなくその価値があった。その人からの絵付きの年賀状がほしかったので思わず、住所をおもむろに教えることにした。

 僕はその人の絵がとても好きだったのだけど、学生時代にはなかなか本人にその旨を伝えるタイミングがなかった。SNSでたまに上がる絵や、サークルのフライヤーをみて、「いい絵だな、好きだなこの絵」とずっと思っていたのに、学生時代はどうも尖っていたからか、中々本人に言えなかった。



 数年越しの再会で、「あ、ここだ」と思えるタイミングがあり、ようやくその旨を本人に伝えることができた。「先輩の絵、めちゃくちゃ好きです」と。

 そうすると、とても嬉しいそうな顔で「ほんとに?」と投げかけてくれた。懐疑心と愉快な心が混在してる顔だった。けど本当に好きだったので、持ちうる語彙を精一杯使って、どこが好きか、どれが好きかを言うことに。

 どうやら段々疑惑がなくなったようで、淀みが消えた顔で「めちゃくちゃ嬉しい」と言ってくれた。こちらこそ嬉しい。(?)

「上手いとか、いい絵とか、キレイな絵とか言われるより、好きって言われるのが一番うれしい」そう言って、これまでの絵のことを話してくれた。

 お金をもらうレベルじゃないとその人は言うのだけど、それは「自信がないから」とのこと。「何か賞をもらったこともないし、絶賛されたこともない」と話してた。けど、ほとんどの人は「上手い」と感じる画力をその人は持ってる。そして一定数が必ず「好き」と言う。周りに何人もいたから間違いない。



 そこから好きなゲームの好きなシーンを会話と到底呼べないレベルでしゃべったり、好きなマンガのキャラについてお互い話した。人が好きなものを語ってる姿は、いつみても楽しく飽きない。ずっと聞いてるとたまに疲れるけど、そのときは疲れたって言うので休憩をもらってた。



 僕自身もなにかを作ったり、文章を書いたり、歌を歌う上で、「うまい」と言われるより「すき」と言われるほうが、その何倍も嬉しい。

 もちろん上手いと言われることも嬉しい。めんどくさいかもしれないけど、どうしようもない感覚。褒められると不安になることも多いけど、褒められるのは嬉しい。

 なにか作品を作る上で、上手いに越したことはない。けど、そこに個性がないならそれはただの代替のきくものでしかない。



 もちろん一般的に求められてるのは画力×個性だと思う。

 たとえば「アイシールド21」の村田雄介は、わざとパースを崩したりする上で、絵がとにかく上手い。画力と個性がどちらもある。「魔人探偵脳噛ネウロ」の松井優征は絵が上手いとは言い難かったが、彼にしか書けない絵の魅力があった。(そして話作りの上手さがあった)

 個性と上手さのどちらの優先度が高いか、はっきり言えない。良い作品はそのバランスでなりたってる。どれかが欠けたり変わると、同じ作品でも違うものになる。ライブが毎回違うのは同じ曲でも違う曲だと体が判別してるからだ。

 先の先輩の絵は画力もあって、魅力もある。そのうち個展でも開いてくれないかなぁと思う。画像は本人の希望がないと見せられないのがもどかしい。また聞いてみよう。



 

今日の1作(曲)


崎山蒼志 KIDS’A キッズエー 弾き語り 『heaven ヘブン』

 なにかと話題になったSSW、崎山蒼志(さきやま そうし)。

 個性と言えばで、記憶のふたの一番上に入っていた人が彼でした。

 彼の曲は本当に個性がある。あきりきたりでないコードの 使い方と、歌声、歌詞。そこにどちらかというとポップなメロディがのっているがとても良い。

「五月雨」がとにかく有名だけど、この「heaven」も彼の個性が光ってる曲でお気に入り。NUMBER GIRL、初期のRADWIMPSをどこか感じさせる印象。

 歌詞が良い、メロディが良いはもちろん、ギターの展開の仕方がとにかく好きで、聴かせ方がほんとうにうまいなぁと思います。話題になりすぎて変な売られ方をせず、ゆっくりと浸透してきてほしいアーティスト。

 ではまた。

hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽・ゲームの事など好きなことを呟いてます
お気軽にフォローリプライまってます
@zakkibaran