ミーハーな行動は意外とみんなハッピーになる。

今日の1曲はこちら。



 7月20日、どうやら今日は「ハンバーガーの日」らしい。理由はマクドナルド一号店が出来た日だからだそうだ。

1971年(昭和46年)のこの日、東京・銀座の三越デパート1階にマクドナルドの日本1号店が開店した。開店当日、1万人以上の客がつめかけ、1日で100万円以上の売り上げを記録した。ハンバーガーは1個80円であった。記念日は開店25周年を記念して制定された。

引用:雑学ネタ帳様より ハンバーガーの日(7月20日 記念日)

 とのこと。ハンバーガー80円の時代があったんだなぁと。安いなぁ。一時期65円のときもあったようで、それを経験してた世代にとって今のマックはきっと高すぎるんだろうなぁと思う。

 けどそれはその時の相場であって、経済状況的に80円でも当時は安いわけではなかった様子。

 ところで、これはハンバーガーの日というか、もはやマクドナルドの日でいいんじゃないかとも思った。ハンバーガーの概念を広めたかったんでしょうかね。

引用:ねとらぼ様マクドナルドのハンバーガーが59円で買えたの、いったい何だったんだろう?

 ちなみに最安値は59円だったらしい。端数が気になる。298円など、微妙に繰り下がることで購買意欲をそそる手法をマクドナルドもとっていたのかと思う。

 ネットでもたびたび値段がやすかったときの画像は回ってるので知っていたけど、自分が行き始める頃はもう80円じゃなかった。

 行くようになってからの値段の記憶は曖昧だけど、少なくとも65円より高かった気がする。100円マックが広告された頃なので2007年くらいかな。あまりファーストフードに馴染みはなかったので覚えていない。



 今日は、ツイッターしかりSNSのTLにハンバーガーが顔を出した。#ハンバーガーの日 とハッシュタグを付け、投稿してるのをよく見た。

 チェーン店はインスタ映えしないので、インスタのほうは個人店のバーガーなどをアップしていた傾向がある。ツイッターは相変わらず魔境でマックもモスもフレッシュネスもなんでもありだった。ツイッター映えという概念はあまりない。



 先に「インスタ映え」という言葉を使ったけど、この流行は世の中的にはとても良いと思う。まず写真は視覚的に情報をたくさん得られるので、見ていて楽。編集されてキレイにアップされる写真はとても楽しい。キレイな写真達は、さらーっと眺めるだけでも楽しい。

 スマホで写真を取るのが一般化して、気軽に写真が取れるようになったのも大きい。スマホを取り出し、写真をとる動作はどこかJK含む中高生の特権だったような気がしてて、そのボーダーラインがひとつ消えたと思う。誰でも気軽にSNSにアップロードできる時代。



インスタ映えは悪なの?

 なにかあったらすぐにインスタのストーリーに投稿する時代。遊びの時間中にタイムラインを更新したり、一日が終わって解散した後に更新したり。これはいいことだと思う。
あまりにもインスタインスタといって、その場の人間関係をないがしろになるのはよくないけど、コミュニケーションとしてとても優秀でいいと思う。

 「どいつもこいつもすぐインスタしやがって」という声もたしかにあるけど、その声はインスタの流行りを止めるほどじゃない。流行してるものには、デメリットもあろうと、メリットのほうが大きい。ユーザーの利益が大きいのだ。

 

経済的にも◯

昔(いつだよ)
旅行に行きたい! → いい景色だ写真を撮ろう
元気をもらいたい! → パワースポットでもいってみようか
うまいもん食べたい! → うまい店にいく

 昔こうだったものが

SNSが台頭してきてから
インスタに良い写真をあげたい → 美味しいものを食べにいく
 インスタに良い景色を上げたい → パワースポットに行く

 こうなった。

 気持ちの流れを逆にした。見事なり。(もともと写真をとるために旅行が好きなひともいたとは思う)

 一見最悪な構図で、本末転倒な気がするかもしれないけど、これ誰も損してないんですよね。目的はなんであれ、結果として、彼らの経験が増えることは財産だと思う。人が来る地域はそれだけ活性化するし、地域の人も歓喜する。

ただし食べ物をムダにしないで

 あまりしてる人はいないと願うけど、たまに「映えるから」の理由だけで、食事を買ってはすぐ捨てる人がいる。実際ネットでも度々話題になっていて、これに関しては色々冒涜していると思う。食事を作っているひとからしたらたまったものじゃないだろうに。

 一日に食べれる量には限界があるから、気持ちはわからなくはないんですけどね。色々たべたい、写真に収めたいという気持ちはたしかにわかる。けど、なら二回いけ。一回で回りきれないならムリするな。と思うわけです。何回でも行け。

 食べ物に限らず、地域の人に敬意を払わない行為をするのはどこかもったいない。観光地で暴れまわるとか?

 常識を守れとか、そんな甘ったるいケーキ文言いうつもりないけど、ある種の礼儀がないと、物事って成り立たない。親しき中にも礼儀あり。(所見の場所や食べ物に親しみがあるのかは知らない)



今日の1作(曲)

YUI「Summer Song」

有線で流れていて、死ぬほど懐かしい気分になった。2008年リリース。2008年!? 11年前.. そりゃ死ぬほど懐かしいわけである。

YUIの中では別に好きな曲ではないのだけど、懐かしい気持ちは健在だった。(この曲あたりからYUIの迷走が始まったと思ってる)

 当時のYUIから考えると、「夏がくるから海へ行こうよ」「はじまるよ夏休み〜」の歌詞はかなり違和感があった。事務所の都合感が強く出た曲だった。「なんだこの事務的な曲は..」と思ったのをよく覚えてる。爽やかすぎた。

 それでも相変わらず夏っぽさ満載で、なんだかんだ夏によく似合う曲だなとも改めて感じた。

 現在YUIはFLOWER FLOWERというバンドを組んでいて、これがまたよい。ディープな音楽が多くて、初期のYUIファンからするとかなり歓喜もの。曲の雰囲気や、歌詞が過激だったりと、本人のしたい方向性はこちらだったんじゃないかなと思わざるを得ない。

 マネキン含めここ最近の曲はLOVE PSYCHEDELICOなどが好きならハマるんじゃないかなと思う。ルックスも含めて。

 



結びに

 馬鹿にするつもりはないけど、「インスタ」と一言いえば気軽に写真を取れるこの感じは意外と嫌いじゃない。

 インスタ映え。もうこれ純粋な意味で使ってる人があまりいない気がする。すぐにインスタにあげる人たちを揶揄した意味合いが多いような。自分が歪んでるだけな気がする。

 話が脱線したけど、ハンバーガーの日だからハンバーガーを食べることは悪いことじゃない。インスタにあげたいから色んな場所にいくは悪いことじゃない。きっかけとして機能するならそれはとても良いことだと思う。

 ちなみに自分は毎日のようにマクドナルドなりモスバーガーなりで朝と夜をすごしてるので、ハンバーガーの日なんて関係ありませんでした。この記事なんなんだよってね。

 ではまた。

hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽・ゲームの事など好きなことを呟いてます。
お気軽にフォローリプライお願いします!
@zakkibaran

 

SPONSORED LINK