今日公開のアロンアルファの新CMが笑いに特化してた。たった数秒で心を掴まれ、画面の前でニヤニヤしている自分がいた。

 ツッコミどころ、笑いのポイントが満載だったので大量のスクショと共に突っ込もうと思う。

ギャグテイスト100%

イントロ


この時点で狂気に満ちてる。

「俺と・・・接着(キス)しよっか」

 音声だけを聞けば、なんの変哲もないラブコメの予告が始まったと思う。しかしどうも様子がおかしい。

「突然奪われたファースト接着(キス)」

接着(キス)・・・? このクエスチョンマークが生まれたら、もうアロンアルフアの術中である。

かの伝説の少女漫画シーン「芋けんぴついてるよ」を思い出した。あれもある種、接着している。

アロンアルフアpresents

なるほど。アロンアルフアとラブコメか。なるほど。

 なるほどじゃない。

開幕

タイトル「君に、くっつけ!」

ラブコメフォントとデザイン。

 タイトルは明らかに「君に届け」のオマージュ。ひらがな二文字しか変わってない。当たり前だが隠すつもりはない様子。オマージュは正義。

ヒロイン「今直 筑乃(いますぐ つくの)」

「プラモデルが友達の女子高生」

 プラモデルは友達ぃ!

 今直(いますぐ)という名字はともかく、筑乃(つくの)という名前はちょっとかわいいのがくやしい。
花より男子の「牧野つくし」を思い出した。名作。なまむぎ、なまごめ、なままきの。

(CV:阿澄佳奈)

学校一の接着(モテ)男「九津 剛(くっつ つよし)

 接着(モテ)。ルビに笑ってしまう。

 彼、学校一の接着(モテ)男らしいのだけど、これモテてるとかじゃなくて、「ただの粘着質な男じゃねーか」と思った。そう、今のところは。

 「いますぐ つくの」のネーミングに比べると弱い気がする。
剛(つよし)と見ると、剛田武(ジャイアン)が頭に浮かんでしまう。どっちも強情なむちゃくちゃな男なので、同じでいいだろう。

「くっついてこないでよ!」

「くっつく〜」

「くっつく〜」の眼を閉じてる姿がたまらなくうっとうしい。ウザさが留まることをしらない。

 これがモテてる世界観がすさまじい。現実で起こせば事案になりかねない。九津メンバー。

「だから言ったろ・・・ くっつけって」

キキーッ! あぶねぇ!

・・・

「だから言ったろ・・・ くっつけって」(イケメンボイス)

キャーーー!!!

アロンアルファ…

 生死の境を助けられたつくのは、九津におちかける。

アロンアルファ…(低音ナイスボイスナレーション)

胸キュンアロンアルフア波全開!!

ここにまた、新たな物質が生まれた。

「大胆な接着アプローチに徐々に惹かれていく筑乃」

 

 接着が普通に接着(せっちゃく)と読まれてる。普通だ。

 いやまて、「接着アプローチ」この言葉も地味に新しい。最初にむちゃな読みをみせることで、接着アプローチという言葉から違和感を消した…?

 これがほんとの接着アプローチである。(言いたいだけ)

しっかりラブコメ3角関係

よくわからない女「早杉 瞬華(はやすぎ しゅんか」

 詳細は不明。九津を奪おうとしていることだけはわかる。九津とワケアリの過去をもっていそうなので詳細がほしい。

物語をややこしくする幼馴染「羽賀志 太郎(はがし たろう)


「九津とはもう剥がれたんだろ?だったら僕と・・・」

 別れることを剥がれるというらしい。だとして、幼馴染の名字が疫病神すぎる。改名しないと彼にいい未来はこない気がする。

メガネと髪型がかぶってるだけだけど、ちはやふるの「新」っぽいので、個人的に好き。名前に負けず、彼には是非ふんばってほしい。

「そんな簡単に剥がせないよ!」

 振られた羽賀志。はがしてやれ羽賀志!! いけ羽賀志!! HAGASHI! HAGA!!

「この仮止め女」!!

再び現れる早杉瞬華。

「私の九津くんとくっつけるとでも思ったわけ?」

本当にこの女性はなんなのか。詳細を求む。

そしてこのCM最大の名セリフがここで誕生する。

「この・・・」

「仮止め女!!」

 ここで吹き出した。カラダが動いてしまい、同時に机を揺れてジュースがこぼれた。

 手元に口の空いたペットボトルがあったのだ。無残にもこぼれおちるオレンジジュース。口に含んでいなかったのが不幸中の幸い。

 この辺まで笑いをこらえていたが、耐えきれなかった。「仮止め女」はさすがにセンスがありすぎる。

 そして力ずくで、剥がされてしまう。

 羽賀志よ。剥がれたぞ。行け羽賀志。今だHAGA。

「アロンアルフアも剥がせます!」がじわじわくる。

壁にドーン

「なぁ筑乃、俺たちの関係って」

「アロンアルフアみたいに」

「強力接着みたいだねって言ったじゃない!」(激怒)

激怒し、筑乃がとった行動とは…


壁にドーン。

全然意味が分からない。

 この辺はもう勢い任せ。怒り狂ってプラモデルを壁に植えるって何? なんで?

・・・なんで?

そして怒ったあとは悲しみに浸る。喜怒哀楽を垣間見る。ポスターの「アロンビリーバボー」の文字遊びがシュール。

 アンビリバボーと言いたいのはこっちだ。

九津カムバック

「ほら、忘れ物・・・」

なんだかっこいいぞ九津。剥がされたプラモデルを濡れながらも修復して届ける九津。

「どうして・・・」

そんなに雨に打たれながら、剥がされた愛をくっつける九津に、筑乃は尋ねる。


「ねぇ知ってる?アロンアルフアは・・・」

「くっつける物を温めると、よくくっつくんだ」

えるしってるか あろんあるふぁは あたためるとよくくっつく

急に饒舌

「それは表面の温度が高くなって、分子運動が活発化することで、反応速度が急激に速くなり、しかも水分を含むとさらに接着速度は速くなり、アニオン重合が促進されて」

まくしたてる九津。これは何か「推し」を語り始めた時のオタクの勢いさながら。

さすがに筑乃もきょとんである。

しかし、お構いなしに続ける九津。

「こんなときに何を・・・!」

 怒涛の言葉の応酬に、驚きを隠せないつくの。

接 着(アロンアルファ…)

アロンアルファ…(低音ナイスボイスナレーション)

「だから、筑乃を温めればもう一度くっつけるかなって」

キャーーー!!!

学校一の接着(モテ)男、九津だから許される圧倒的力技ァ!おみごとなり。

そして流れるシャイニングスター。ともやんがゴールをキメる姿も脳内に出てくる。浪速のスピードスター、ともやん。

ちなみにこの最後に文字並べる手法はちょくちょくみかける。


 AC部が作ったこの作品でもそう。

 自分が昔書いた記事もそう。

【1分で読める】「EDMの流行」が「CD売上低下」と関係ある説【携帯小説風】【短・単発】

2018.02.12
 自分の技量不足なのは否めないが、文章でするアプローチとして根本的に何か間違ってる気がする。黒歴史を自ら晒す。

ハッピーエンド(?)

「もう・・・九津くんの・・・」

「バカ・・」




「ていうアロンアルフアが送る青春企画、良いと思わない?」

「思わないです」


ミーティング、プレゼンの実写で終了。

「好きです」


「アハッ 嫌いですぅ〜」

 なじられて終了。最後の2人の笑顔がよい。面白い。そろそろコンビニからアロンアルフアが消える頃だろう。このCMは流行る。(多分)

 最近のこういう広告の流れ大好きなのでもっとやってほしいです。

 ではまた。

hitoto

Twitterで記事更新・マンガ・音楽の事など好きなことを呟いてます。
お気軽にフォローどうぞ。
@zakkibaran

【ポプテピピック】「ボブネミミッミ」のAC部とは一体なんなのか 何人でしてるの?【作品まとめ】

2018.03.09

”輝夜月”にアル中にされた

2018.02.04